智原孝行の神社紹介帖

神社好きの智原孝行が気ままに全国の有名神社をぽちぽちと紹介するブログです。

【2019年版】東京都内の神社で開催されるおすすめ夏祭り!

みなさんこんにちは!
神社巡りを趣味とする智原孝行です。


このブログは皆さまに全国の有名神社をご紹介していこうという趣旨で立ち上げてみました。

 

いよいよ夏らしくなってきましたね~。

やはり神社好きとしては夏といえば神社で行われる夏祭りが気になります。

もともと夏祭りは、農村社会における夏季の農事(労働)の五穀豊穣、都市社会における夏季の疫病封じやその死者の弔いといった意味合いがありました。

夏祭りが神社で行われるのは、豊作祈願や無病息災を祈る場所として神様のいる神社が最適だったからでしょう。

 

では、さっそく2019年の夏にぜひ訪れてみたい東京都内の神社で開催される夏祭りをご紹介します!

 

靖国神社みたままつり

f:id:sitijijyuuitiji:20190604145032j:plain

 

靖国神社で毎年7月に開催される『みたままつり』は、戦没者を慰霊するために昭和22年から始まりました。

境内には大小3万を超える献灯や各界名士の揮毫による懸雪洞(かけぼんぼり)が掲げられ、九段の夜空をオレンジや黄色で美しく彩ります。

お祭り期間中は盆踊りや神輿、青森ねぶたといった各種奉納芸能が催され、ほかにもバレエやコンサートといった海外や現代音楽のステージも楽しめます。

毎年30万人以上が訪れるため、混乱を避けるため出店の数が少なくなってしまったものの、それでも十二分に屋台で露店を満喫できますよ。

2019年は7月13日(土)から16日(火)まで開催されます。

祭事のご案内|祭事・境内のご案内|靖國神社

 

富岡八幡宮 深川八幡祭り富岡八幡宮例祭)

f:id:sitijijyuuitiji:20190604151316j:plain

江戸三大祭」のひとつである富岡八幡宮の「深川八幡祭り」は、1642年(寛永19年)に徳川家綱の成長を祈念して実施されたことが始まりとされています。

このお祭りの目玉は、富岡八幡宮にある一の宮神輿と二の宮神輿の、2台の豪華絢爛なお神輿。一の宮神輿は御鳳輦(ごほうれん)と呼ばれ、3年に1度の本祭りの際に担がれます。2018年は本祭りだったそう。

二の宮神輿は本祭りの翌年に担がれるので、2019年は二の宮神輿の渡御が見られそうです。

伝統の掛け声をともに神輿を担いで練り歩く担ぎ手に、沿道の観衆から清めの水が浴びせられることから「水掛け祭」とも呼ばれています。エネルギーあふれるお祭りなので、ぜひ一度は訪れておきたいですね!

公式な発表はまだ出ていないものの、昨年の開催日から08月11日(日)~08月15日(木)あたりではないかと予想されています。

深川八幡祭り

 

鳥越神社 鳥越まつり

f:id:sitijijyuuitiji:20190604154233p:plain

台東区にある鳥越神社で毎年6月上旬に開催される鳥越まつりは別名「喧嘩祭り」とも呼ばれる下町らしい活気が特徴。

鳥越神社の歴史は古く、飛鳥時代の白雉2年(651年)に創建されました。創建当時は『白鳥明神』という名前でしたが、平安時代後期に源義家によって『鳥越神社』に名を変えました。その由来もおもしろいので興味のある人はぜひ調べてみてください。

さて、鳥越まつりでは日本一重いといわれる「千貫神輿(せんかんみこし)」が登場します。貫とは重さの単位で、約3.75kg。その1000倍だから相当ですね!

この千貫神輿の担ぎ棒の奪い合いが喧嘩に発展することから「喧嘩祭り」なんていわれるらしいです。

2019年は6月8日(土)  9日(日)の2日間開催します。

 

日枝神社 山王祭

f:id:sitijijyuuitiji:20190604155642j:plain

江戸三大祭」の筆頭であり、「日本三大祭」のひとつでもある日枝神社山王祭は、1週間以上さまざまな行事が続く一大イベントです。

徳川時代江戸城内に入御した神輿を、三代将軍の徳川家光からはじまり歴代の将軍が上覧拝礼する「天下祭」として始まりました。担ぎ手が伝統的な王朝装束に身を包み、皇居や銀座、丸の内といった東京都心を300mほど神輿を担ぎ練り歩く様子は、江戸時代の情緒を感じさせます。

2019年は6月7日(金)から17日(月)まで開催。さまざまな行事があるのでぜひチェックしてみましょう!

山王祭 - 日枝神社

 

早いお祭りは6月から始まるんですね。夏の始まるを彩るにふさわしい…!

今年の夏はなるべく多くの夏祭りに行きたいな~なんて考えています。

 

ではでは、本日はこの辺りで!
智原孝行でした。

意外と知らない!【稲荷・八幡・天神・天満宮】の違いを簡単に解説

みなさんこんにちは!
神社巡りを趣味とする智原孝行です。


このブログは皆さまに全国の有名神社をご紹介していこうという趣旨で立ち上げてみました。

 

日本にはさまざまな名称の神社があります。

「〇〇稲荷」「〇〇八幡」「〇〇天満宮」…などなど。

皆さんはそれぞれの意味やその違いってご存知ですか?

あまり普段生活していて意識することはないんじゃないでしょうか。

 

そこで今回は、【稲荷・八幡・天神・天満宮】の違いを簡単にご紹介しようと思います!

 

f:id:sitijijyuuitiji:20190510160241j:plain

 

【稲荷・八幡・天神・天満宮】の違いは、一言でいうと「祀られている神様の系列の違い」です。

日本には八百万といわれるほど数多くの神々が存在しており、神様によって得意な分野(=ご利益)があります。

それぞれの神社の名称で、祀られている神様の系列がわかるのです。

 

(1)稲荷

f:id:sitijijyuuitiji:20190510160943j:plain

「稲荷」とつく神社に祀られているのは【宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)】という神様で、食物や穀物にかかわる農業の神様です。

そのため、稲荷神社には商売繁盛のご利益があると信じられています。

全国に3万社以上ある稲荷神社の総本山は、京都府にある伏見稲荷大社です。

 

(2)八幡

f:id:sitijijyuuitiji:20190510161338j:plain

稲荷神社の次に日本で数が多いといわれる八幡神社は、第15代天皇である応神天皇が祀られています。応神天皇は【誉田別命(ほんだわけのみこと)】というご神名も持っていて、こちらの名前で祀られることが多いようです。

誉田別命は勝負事にかかわる神様で、そのため勝負運や金運のご利益があると信じられています。

総本山は大分県にある宇佐神宮です。

 

(3)天神/天満宮

f:id:sitijijyuuitiji:20190510162108j:plain

「天神」と「天満宮」は同じ意味を持つようです。

天神/天満宮に祀られているのは、菅原道真公。学業や芸術の神様として有名ですね。

そのため、天神/天満宮には学業成就のご利益があると信じられています。

総本山は福岡県にある太宰府天満宮。境内には菅原道真公にゆかりの深い牛の銅像があり、頭を撫でると利口になる…なんていわれています。

 

こうして改めてそれぞれの神社の神様やご利益を学んでみると、さらに神社について調べたくなってきませんか!?

僕はなりました笑。

それぞれの神社に歴史があり、神様が住んでらっしゃり、ああ日本は良い国だな…と改めて感じるのでした。

 

これからも日本の神社をどんどんご紹介していけたらと思います!

それでは本日はこの辺りで!智原孝行でした。

日本最北端の神社【北門神社】と最南端の神社【宮古神社】

みなさんこんにちは!
神社巡りを趣味とする智原孝行です。


このブログは皆さまに全国の有名神社をご紹介していこうという趣旨で立ち上げてみました。

 

さてさて、突然ですが皆さまは、日本最北端にある神社と最南端にある神社をご存知ですか?

質問されてぱっと答えられる人は少ないかもしれませんね。

こういう豆知識的なのは、たくさん知れば知るほどおもしろいものです。

というわけで今回は国内最北端&最南端の神社をご紹介します!

 

まずは北からまいりましょう。

日本最北端の神社は…【宗谷岬(そうやみさき)神社】です!

f:id:sitijijyuuitiji:20190420224114j:plain

 

宗谷岬神社があるのは、北海道稚内市

市杵島姫命イチキシマヒメ)を祀っています。

市杵島姫命天照大御神の子で、子守りの神様や子どもの守護神といわれています。

 

いかにも最北端!という感じの雰囲気の宗谷岬神社。

神主さんがいつもいるわけではないそうで、残念ながらこちらでは御朱印をもらうことができません。

 

御朱印をもらえる日本最北端の神社は【北門神社】です。

f:id:sitijijyuuitiji:20190420225154j:plain

こちらも稚内市にあります。

天照皇大神や相撲の元祖といわれる雷神、剣の神・武甕槌神(たけみかづちのかみ)と事代主神(ことしろぬしのかみ)を祀っています。

1785年(天明5年)に松前藩の場所請負人だった村山伝兵衛という人物が、宗谷の地(北海道 の北見国宗谷郡)に北門鎮護の守護神として天照皇大神を奉り、宗谷大神宮という小社を建立したのが始まりです。1896年(明治29年)に、現在の場所に社殿を移築し、武甕槌神事代主神を合祀して、北門神社へ名前を変更しました。

なんとなく、本州にある神社とはデザインが違いますよね。

アイヌ文化の影響でしょうか?色合いが珍しくて、素敵です。

 

さて!お次は南へ行ってみましょう。

日本の最南端にある神社【宮古神社】です。

f:id:sitijijyuuitiji:20190420230229j:plain

その名の通り、沖縄県宮古島市にあります。

伊弉冉大神(いざなみのおおかみ)と速玉男之神(はやたまおのかみ)、事解男之神(ことさかおのかみ)を祀っています。

この三柱は『熊野権現』とも呼ばれ、日本全国に3000社ある熊野神社の総本山・熊野三山に祀られている神様でもあります。

始まりは1590年(天正18年)。平良大首里大屋子が海難に遭い漂流したものの、8年後に無事帰島できたことを神様のおかげとして、沖縄本島波上宮より熊野三神を呼び、宮古権現堂を建立しました。

ザ・沖縄!という感じのデザインですね。ちなみに、鳥居にはラオス産の千年木が使われているのだとか。

 

こうして見比べてみると、ひとくちに神社といっても場所によって形や色使いが違っておもしろいですね。

日本て意外に広いんだ、なんて思います。

 

ではでは、本日はこの辺りで!

智原孝行でした。

恋愛成就の神社といえば…神戸【生田神社】

みなさんこんにちは!
神社巡りを趣味とする智原孝行です。


このブログは皆さまに全国の有名神社をご紹介していこうという趣旨で立ち上げてみました。

 

すっかり春めいてきましたね。

別れと出会いの季節である、春。

新しい環境に進む方も多いいらっしゃるのではないでしょうか。

 

もしも運命と思える出会いに遭遇したら、皆さんはどうしますか?

LINEを聞いたり、食事に誘ったり…いろいろと行動すると思いますが、ひそかに恋愛成就の神様にお願いするなんていうのも良いかもしれません。

 

今回ご紹介するのは、縁結びの神様として有名な、神戸の【生田神社】です!

 

f:id:sitijijyuuitiji:20190311133035j:plain

 

生田神社は兵庫県神戸市にある神社で、式内社名神大社)で、神戸を代表する神社の1つです。

かつては現在の神戸市中央区の一帯が生田神社の社領であり、これが「神戸」という地名の語源となったそう。

地元では「生田さん」と呼ばれ、親しまれています。

 

「稚く瑞々しい日の女神」という意味の名前を持つ「稚日女尊(わかひるめのみこと)」が祭神です。天照大神の幼名とも妹とも言われています。

 

稚日女尊」は機殿(はたどの)で神服を織る神様です、糸を合わせながら織り成す=人と人との縁を結ぶという解釈から、戦前より家運の隆昌や夫婦円満を願う人々が神前結婚を行うなど、現在まで縁結びの神様として深く愛され、信仰されているそうです。

 

f:id:sitijijyuuitiji:20190311135016j:plain

 

生田神社で有名なのは、「水みくじ」!

授与所でもらえる可愛らしい水みくじを生田の森にある池に浸すと、文字が浮かびあがってきます。
結び所に結んでも、持って帰ってもOK!
どんなことが書いてあるか気になりますねぇ~!

 

ほかにも恋愛成就のお守りや、縁結びのお守りも販売されているので、叶えたい恋がある人や良い出会いを探している人は、ぜひ生田神社に参拝してみてください♪

 

ではでは、本日はこの辺りで!

智原孝行でした。

桃太郎にゆかりのある神社といえば…岡山【吉備津彦神社】!

みなさんこんにちは!

神社巡りを趣味とする智原孝行です。


このブログは皆さまに全国の有名神社をご紹介していこうという趣旨で立ち上げてみました。

 

さて、日本人なら幼い頃から聞いたことがあるおとぎ話『桃太郎』。

桃から生まれた男の子・桃太郎が、鬼退治の道中で出会った犬と猿、雉と共に鬼が島へ行き、人間に悪さをしていた鬼たちを倒すお話ですね。

 

桃太郎伝説が生まれた地として有名なのが岡山県です。

犬や猿、雉にあげたといわれる『きびだんご』は岡山の定番のお土産になっています。

実は岡山県には、桃太郎伝説を深い関わりのある神社があるんです!

今回はその神社【吉備津彦神社】についてご紹介します。

 

f:id:sitijijyuuitiji:20190206115243j:plain

 

吉備津彦神社(きびつひこじんじゃ)は、岡山県岡山市北区にある神社で、別名を「朝日の宮(あさひのみや)」といいます。創建はいつかわかっていません。岡山市の西部、備前国玉野市備前市瀬戸内市など)と備中国総社市井原市など)の境に立つ吉備の中山(標高175m)の北東麓にあります。

この吉備の中山は古来より神様が宿る山「神体山」として信仰されており、北西麓には備中国一宮・吉備津神社があります。吉備津神社吉備津彦神社は似ていますが違う神社です。

両方とも、当地を治めたとされる大吉備津彦命(おおきびつひこのみこと)を主祭神に祀っています。

 

大吉備津彦命古事記日本書紀に伝わる日本古代の豪族で、この辺りの地を治めていました。

この人物こそが、桃太郎のモデルだといわれています。

 

その昔、大吉備津彦命が吉備を平定する際、温羅(うら・うんら・おんら)と呼ばれる鬼を討ったという伝承が岡山県には残っています。

この伝承によると、温羅は鬼ノ城に住み周辺の地域を荒らしていましたが、大吉備津彦命は「犬飼健(いぬかいたける)」「楽々森彦(ささもりひこ)」「留玉臣(とめたまおみ)」という3人の家来とともに温羅を討ち、その祟りを鎮めるために温羅の首を吉備津神社の釜の下に封じたそうです。

桃太郎のまんまだ!…とちょっと興奮してしまいますね。

ちなみに、吉備津彦の三人の家来については「犬養縣主(犬)」「猿女君(猿)」「鳥飼臣(雉)」という豪族だという別説もあります。

それぞれ犬養縣主ゆかりの神社が岡山県笠岡市の「縣主神社」、猿女君ゆかりの神社は岡山市北区の「鼓神社」(二宮鼓神社)、鳥飼臣ゆかりの神社は岡山県都窪郡早島町の「鶴崎神社」にあるそうなので、興味のある方はこちらも訪れてみては。

 

ちなみに吉備津彦神社には桃太郎像もあります!

f:id:sitijijyuuitiji:20190206123209j:plain

 

…シュール!(笑)

犬の顔でかすぎませんか?

 

 

ではでは、本日はこの辺りで!

智原孝行でした。

2019年、出世するなら!【日枝神社】にお参りしよう

 

みなさんこんにちは!

神社巡りを趣味とする智原孝行です。


このブログは皆さまに全国の有名神社をご紹介していこうという趣旨で立ち上げてみました。

 

2019年始まりましたね。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

 

皆さんは「新年の目標」、もう立てましたか?

健康、恋愛成就、試験合格…さまざまなものがあると思いますが、なかには「今年こそ出世してやる!!」という情熱を持っている人もいるでしょう。

 

今回は、そんな「出世」を後押ししてくれる【日枝神社】のご紹介です。

 

f:id:sitijijyuuitiji:20190109174345j:plain

 

日枝神社(ひえじんじゃ)は、東京都の千代田区永田町にある神社です。

山や農耕、治水を司る大山咋神(おおやまくいのかみ)を祭神としています。

 

日枝神社の創建の年代は明らかになっていませんが、文明10年(1478年)、江戸城が建てられる際、川越の無量寿寺(現在の喜多院・中院)を守る川越の日枝神社を分身・分霊したのが始まりだといわれています。徳川家に深い縁を持つ神社なのです。

境内にある宝物殿には、国宝である『太刀 銘則宗』をはじめ、さまざまな重要文化財(主に刀剣)が所蔵されています。

 

日枝神社には、狛犬のかわりに狛「猿」が鎮座しています。

猿はその音から『勝る(まさる)』『魔が去る(まがさる)』と考えられ、『勝運の神』や『魔除けの神』とされているのだとか。

また、音読みの『えん』という音から、猿が『縁(えん)』を運んで来てくれるとも考えられていて、商売繁盛や縁結び、出世を祈願する方も多いそうです。

出世のパワースポットと呼ばれるのもこの関係でしょう。

 

国会の近くという立地環境も相まって、政界の大物もこの神社によくお参りするのだとか。

それだけでもご利益がありそうですね♪

 

ちなみに日枝神社のお守りは、なんともキュート。

f:id:sitijijyuuitiji:20190109183842j:plain

 

女性にも人気だそうです!

 

2019年もマイペースに神社を紹介していけたらなぁ~と思います。

よろしくお願いします!

智原孝行がお送りしました。

厄除け・厄払いするなら?京都府の【八坂神社】

みなさんこんにちは!

神社巡りを趣味とする智原孝行です。


このブログは皆さまに全国の有名神社をご紹介していこうという趣旨で立ち上げてみました。

 

さて、2018年も残すところあとわずか…

全国の神社はこれから初詣に向けてさらに忙しくなることでしょう。

 

この時期話題によくのぼるのが、「厄年」。

「来年前厄だ!」「本厄だ!」「後厄だ!」…悲しいことに日本人には1つの「厄」3年も悩まされてしまいます。

そんなときに心強いのが、神社で行う厄除け・厄払い!

基本的にはどの神社でも行っていますが、今回はそのなかでも特に厄除け・厄払いで有名は京都府【八坂神社】をご紹介します!

 

f:id:sitijijyuuitiji:20181210125740j:plain

 

八坂神社は厄除け・縁結びの神様として知られ、「祇園さん」の呼び名で親しまれています。八坂神社で毎年開催される「祇園祭」は日本三大祭のひとつ。八坂神社を知らなくても祇園祭なら聞いたことある!という人もいるのでは?ちなみに、全国の祇園社の総本社です。

 

八坂神社は、元の祭神であった牛頭天王(ゴズテンノウ)が祇園精舎の守護神であるとされていたことから、元々「祇園神社」「祇園社」「祇園感神院」などと呼ばれていました。それが慶応4年=明治元年(1868年)の神仏分離令により「八坂神社」と改名されたのだとか。

 

牛頭天王は起源不詳の神仏習合の神様で、素戔嗚尊スサノオノミコト)の化身と考えられています。そのため、明治時代の八坂神社の祭神は牛頭天王でしたが、現在は素戔嗚尊となっています。

 

牛頭天王平安時代から行疫神(ぎょうやくじん)として崇められていたという記録があります。行疫神とは疫病神のことで、疫病や災厄をもたらすと考えられていました。877年に疫病が流行ったのをきっかけに、厄をつかさどる神である牛頭天王を祀るようになったという説もあります。

現在八坂神社が厄除け・厄払いで有名なのも、こうした経緯が関係しているのかもしれませんね。

 

ちなみに牛頭天王、身長は7尺5寸(=226cm)、漢字の通り3尺(=90cm)もの牛の頭を持ち、頭からは同じく3尺の赤い角が生えていたそう。

かなりパンチの効いた外見です。

そのためなかなか妻ができなかった…という苦労話も残っています。

 

神仏習合の神様って、どこかオリエンタルな魅力があり、惹かれます♪

そういうのも少しずつ調べていきたいなぁ…!

 

それでは皆様、良いお年を!

智原孝行がお送りしました。